ナマの方が気持ちいいとゴムありを断るJD(その1)

この間、東京から佐賀に出張で行ったんですね。
九州への出張と言えば、やっぱり福岡が多いんです。

福岡であれば夜は中洲あたりで遊んじゃうんですが、佐賀だとなかなかそうはいきません。
場所によっては夜、遊ぶ場所って全然ないですからね(汗)

だから佐賀市内への出張が決まってから、俺、事前にハッピーメールで女の子をGETしておこうと思いました。

やっぱり地方出張の夜を楽しむには、事前の周到な準備が大事です。

佐賀県の出会い系事情。結構、可愛い子が多い!

ってなことでまずはハッピーメールでエリアを佐賀に設定。

佐賀の女の子をハピメで検索するのは初めて。
結構、カワイイ子多いですね。

こうやって見てると女の子の質と量、どっちも東京都とあんま変わんないんじゃね?って感じもしてきます。

その中で早速、この子いいわ〜って思った子がいました。その女の子にメッセを入れて行きます。

ハピメで女の子をスムーズにGETするコツは、やっぱ数打つって事。

メッセを入れて全員が返事をくれて、んでもって会ってくれるって訳じゃないですからね。

だから期待半分くらいのつもりで気に入った子には、とりあえずって感じでメッセを入れておくって感じがいいですよ。

そんな中で俺に返事をくれたのが、佐賀市内に住むJD(女子大生)だという「りこ」ちゃん。

プロフの写真を見る限りはまあ、そこそこカワイイって感じですね。
とびっきり美人じゃないですけど(汗)

でもまあまあそこそこカワイイ。
このレベルなら佐賀の夜も楽しめると思います。

彼女から送って来たメッセがなかなか気さくな感じなんで、俺、その辺もなんか気に入っちゃいましたね。

はじめまして!来週、佐賀に行くんですけど夜、一緒に遊べません?


りこちゃん

はじめまして!メッセ、ありがとです!是非是非で〜す。オイシイお店とかご案内しますよ!何か好きなものってあります?

ね?なんかすんげぇいい子って感じでしょ?

とりあえず、オイシイものって聞かれたんですけど、佐賀のオイシイものって佐賀牛しか思い浮かびませんでした。

佐賀ギュー!


りこちゃん

あはは、佐賀ギューは結構、高いですよ〜。こっちで適当に準備しときますね。

という感じで佐賀への出張当日に遊んでくれる女の子は無事、GET出来ちゃいました。

やっぱ地方出張の夜はハピメがないとダメですよね〜。

いよいよ佐賀に到着!りこちゃんと実際に会ってみると…

で、出張当日。
りこちゃんとは仕事が終わったら連絡をするって事になってました。

夕方、その日の仕事はひととおり終わりました。
いよいよりこちゃんと会えますね。

LINEで仕事おわたと連絡すると、りこちゃんから佐賀駅に行きますね〜と返事が。

彼女とはJR佐賀駅で待ち合わせです。
最初、佐賀駅で待ち合わせって言われたんです。

それだけで会えるのか?と不安になりましたけど…。
佐賀駅って割とシンプルなんで全然問題なかったですね(笑)

りこちゃん、プロフの写真よりぜんぜんカワイイですね。

最初に会った時、結構イケてるんでちょっと驚いちゃいました。
とにかく笑顔がすばらしい。

なんか見た感じからして性格の良さが滲み出てます。

とりあえず、りこちゃんが予約してくれていたお店に俺たち、行きました。

俺が佐賀牛って言ったもんだからりこちゃん、佐賀駅の近くにあるBAL TAPASっていうお肉がオイシイお店を予約してくれてました。

美味しい佐賀牛

「佐賀にもこういうオシャレなお店ってあるんだ」

「あ、ひど〜い。ありますよ、そりゃ!」

軽い冗談から始まって俺たち、すぐに打ち解けちゃいました。

うん、このお店、なかなか美味しいですね。
おかげで会話もはずむし、お酒もどんどん進んじゃいます。

りこちゃんとセックスしたい僕。それとなく話を切り出すが…

それにしてもりこちゃんってお酒、強いですね。

俺のペースよりも早く、どんどんお酒飲んじゃってますよ。
それに飲み始めてから結構時間が経ってるのに、全然酔わないんですよ。

「佐賀の子って普段何して遊んでるの?」

「ん〜、買い物はやっぱ天神に出るかな?遊ぶのはなんかテキトー。そのへんぶらぶらって感じ」

俺の経験じゃ、地方の女の子ってセックスするくらいしか娯楽がないって事が多いんです。

ちょっと表現は遠回しにして、お酒の力も借りてりこちゃんにそんな事を言って見ました。

「あ、確かに。わりとそういう感じになっちゃいますね」

「そういう時って相手は?」

「なんかその場の雰囲気って感じ。え?ひょっとして今日?」

「あ、いや、俺はそうなったら嬉しいんだけど。りこちゃんカワイイし」

「ん〜、どしよっかな。ね?でも、もうちょっと飲まない?」

なんか話、逸らされましたね(涙)

でも全く断られた感じでもないし、まだまだ押せばなんとかなりそうです。
一度りこちゃんから話をかわされてから、1時間くらいが経ちました。

「ね?もう結構、飲んだでしょ?そろそろいいんじゃない?」

「あ、まだ諦めてなかった?んじゃ、ま、いっか。行く?」

「あ、行く行く〜。ね?この辺ってラブホある?

「あ、ありますよ〜。んじゃ行こっか」

という事でりこちゃんに案内されて俺たち、佐賀駅近くのSEIZANってラブホに向かいました。

う〜ん、やっぱこういう展開になるのって出会い系サイトならではですよね。
JDのりこちゃん、オイシく頂いちゃうとしましょ〜!

その2に続く…