アイドル顔はヤバい?!でも会っちゃいました(その1)

出会い系サイトを2年も使ってると、どんな女の子が狙い目かってのはだいたい分かってくるんですよね。

実際、セフレを狙うのならピュア系で攻めるのが一番です。

あとは若い女性、女子大生とかね。
女子大生セフレの作り方!JDのセックスがエロすぎる

焦って割り切り系の子を狙っても、結局はお金なんで。
定期のセフレにはそういう子は絶対無理っす。

基本、俺はタダマン路線をまっしぐらで行ってるんで。
だから、普段は業者さんNGです。

プロフには写真を載っけてないような素人の女の子(たまにオバサンが登場する事も確かにある)を中心にアプローチしてます。

素人の子はプロフ写真、載っけてない事が多いですからね。
そんな攻め方でカワイイ子ばっか引っかかれば良いんですけど。

出会い系で好みの女の子を見つけるのは案外大変

でも現実はそんなには甘くありません。

待ち合わせをして、まさかアレか?っていうくらい、酷いブスがこちらに向かって歩いて来た時の絶望感と言ったら…。

で、この上ない笑顔で初めまして〜!なんて言われたら、その場から猛ダッシュで逃げたくなっちゃいます。

その時の俺の走る速さと言ったら、ぜってぇ東京オリンピックで金メダル取れるんじゃねってレベル。

しかもそれが一回ならまだいいですよ。
でもそういう不運って一度、ドツボにハマると何回も続いちゃうって言うのはよくある話です。

さすがに二回も三回もドブスが笑顔で近づいてくるシチュエーションにでくわすと、ハガネのメンタル持ってる俺でも心は簡単に折れちゃいます。

やっぱりこん時も、ドブス三連発を食らっちゃってたんですね。
だから俺、冷静な判断が出来なくなってました。

でも、やっぱセックスってしたいじゃないですか。
俺も一応、オトコなんで。

それに一刻も早くカワイイ子でドブスの毒をお清めしないと俺、死んじゃいます。

そこで、ハッピーメールを眺めてました。
プロフ検索にはめちゃカワイイ子がずらずらと並んでます。

なんかみんな目がクリクリ、パッチリしてます。

街ん中、歩いていてもこんなお目々してる子って滅多に見ないのに、ハピメにはうじゃうじゃいるのってなんでなんでしょう?

普段なら、これぜってぇ修正入ってるって思うんですけね。
それに多分、彼女らはお金あってこそっていう業者さんだろうし。

でも、こん時の俺ってもはや冷静な判断って出来なくなってました。

もう業者さんでもいいやって。
ドブスじゃなければ。

本人に会った時に写真が修正だったと分かっても、それでもドブスじゃなければ今の俺なら十分、満足出来るはずです。

イチニでもイチゴでも払ったるわ。
ホ別でも構わんす。

穴があれば誰でも一緒なんていう生物学的な考え方は、もうしたくないんです。

心が折れていた僕。業者と知りつつ、佐賀で好みの女の子にコンタクトを取る

やっぱセックスする女の子は、カワイイ子の方がいいですもんね。

ってな事で俺、業者様である事を覚悟の上でプロフ検索に出てたメチャカワイイ子にメッセを送ってみました。

言ってみたらガチ、アイドル顔ですね。
坂系アイドルグループでセンター取れるんじゃね?って思うレベルですわ。

佐賀にホントにこんな子がいるんかいな?と思いながらもね(笑)

はじめまして。いきなりですけど、おいくら万円ですか?


女の子

イチゴ頂いてます。ホ別で


これからでも大丈夫?どこに行けばいいですか。こっちは佐賀市内です


女の子

夕方からなら大丈夫です。電車ですか?

さすが業者さん。
俺がハッピーメールでメッセージを入れたら、チャットかと思うくらいすぐに返事が帰って来ます。

ここまでのやり取りには全然、トキメキとかドキドキ感なんてもんはありません。
あくまでもお金さえ払えば、大抵の事は通ってしまうんです。

まあ、そんな打算はさておき、夕方からなら大丈夫という事で佐賀駅の前で5時に待ち合わせする事に。

多分、今頃は他のお客さんのお相手してるんでしょうね。
一体、俺は今日何人めのお客さんなんでしょう?

そんな事を考えながら通勤通学の人でちょっと混んできた佐賀駅の前で、俺は彼女が来るのを待ってました。

業者さんと佐賀駅で待ち合わせていたら…

目の前を通る女の子を見ていても、ハピメで待ち合わせをしてる彼女レベルの子は全然見かけません。

ホントに写真レベルの子が来るのかな〜。
半分疑いながら駅前で一人待ってたんですけどね。

そしたらいきなり声をかけられました。

「待ちました?ちょっと遅れちゃいましたね。ゴメンなさい」

「あ、いや大丈夫。あ、俺の事分かった?」

「すぐに分かりました〜。服装、教えてもらってた通りなんで」

か、カワイイ〜(嬉)

確かにプロフの写真そのものって訳じゃないけど、その辺歩いている女の子と比べたらガチ、カワイイですわ。

センターは取れないけど、メンバーには間違いなく入れるレベル。
こんな子としちゃっていいの〜?って思っちゃいましたね。

「どうしますか?」

「(もちろんオッケーでしょ?こんなカワイイんだもん)あ、んじゃ行こっか」

ちょっとこの時の俺、舞い上がっちゃってましたね。
ここんとこ、女の子と会ったら即ダッシュする癖が付いてました。

だから、こういう展開には俺の思考回路がうまく働かなくなってたみたいです(笑)

多分、結構カワイイんで周りのオトコからは「お、結構カワイイ子連れてんな」って思われてたんじゃないでしょうか。

それにラブホに向かって歩いてる時、彼女が俺の手を握ってくれたんです。
ちょっと華奢な手に触れて、俺はもうドキドキ。

まさか割り切りで業者さんにアプローチして、こんな思いを出来るなんて。

ドブス三連発を食らってたけど、きっとスケベの神様は俺の事を見放してなかったんですね。

業者さんでも可愛ければOK!いよいよホテルにしけこむ

ちょっと舞い上がってキョドってる俺とは反対に、彼女の方はいたって落ち着いてます。

もう、どんだけオトコを相手にしてるんだって感じですが。

彼女のリードで道に迷う事なく佐賀駅から10分くらいの所にあるホテルせいざんってトコにやって来ました。

ラブホテル

ラブホの部屋で二人きりになった俺。

相手の女の子は素人じゃないですけどね。
でもいつもとは違ったドキドキ、ワクワク感が俺をやさしく包んでくれています。

さあ、いよいよお楽しみの時間、始まっちゃいますよ。

その2に続く