小学校の同級生とハピメでハメた話

忘れかけていた記憶が、一瞬のうちに記憶の中から呼び起こされる事ってあるもんです。

逆に一度思い出しちゃうと、今までどうしてそれを忘れていたんだろう?という事が不思議になっちゃいます。

僕は何気なく覗いていたハッピーメール。
その中に一人の女の子を見つけて、一気に14年前の記憶が呼び戻されました。

けいこちゃんだ。

小学校のころの記憶の中に

僕は小学校の時、自宅からちょっと離れた所にある学習塾に通ってたんですね。

ちょっとレベルの高い塾でした。

だから自分の通ってる小学校だけじゃなくて、いろんな近隣の小学校から生徒が集まって来てたんです。

けいこちゃんもその塾に通っていた一人。
彼女は僕より頭は良くて、クラスは基本的に別。

たまに同じクラスになるのだけれど、大抵は僕の模試の成績が悪くて違うクラスになっちゃってました。

でも、休み時間にはよくけいこちゃんと話をしたものです。
正直、勉強は嫌いだったけれど塾に行くのは別。

楽しみで楽しみで仕方なかったんです。
だってけいこちゃんに会えるんですもん。

そう、僕はけいこちゃんに恋をしてたって訳です。
いわゆる初恋。まさにそれでした。

そのけいこちゃんがハッピーメールの掲示板に載ってるじゃないですか。

しかもピュア系じゃなくて今スグ系の方ですよ。

どうしよう?
ちょっと複雑ですね。

会えば僕の思い出がダメになっちゃうような気もします。
でも、会わなかったとしてもけいこちゃんは他の誰かに抱かれるんです。

初恋の相手と、佐賀駅でまさかの再会。

僕の初恋のけいこちゃん。
気が付けば僕は、彼女にメッセージを入れてました。

出来れば返事は欲しくない。
だって会えば思い出が壊れてしまいそうだし。

でもけいこちゃんには会いたい。
そんな気持ちの間で僕は揺れてました。

気が付けば僕のスマホの画面、メッセージの数がさっきより1つ増えてます。

けいこちゃんから返事が来ちゃったんですよ。
まあ当たり前っちゃ当たり前の事ですけど。

相手はハピメの業者さんでもあるんだから。

けいこちゃん

今日、これから大丈夫です。車ありますか?


車はないですね。佐賀駅あたりでどうですか?

その後もけいこちゃんとは何回かメッセをやりとり。
でもどの内容もすんごい事務的ですね。

スマホにやってくる彼女の言葉には初恋の相手っていう面影なんか、これっぽっちもありません。

あ、もちろん僕、同じ塾だったマサルだとは言ってませんよ。

気が付くと僕は、けいこちゃんと佐賀駅の前で6時に会う約束を取り付けちゃってました。
もう後戻り出来ません。

どうせ僕も忘れてたんだし。
それに今さら初恋を実らせようなんて、これっぽっちも期待してませんし。

僕は覚悟を決めてけいこちゃんに会いに行く事にしました。

久しぶりに佐賀で再会した初恋の相手とセックスすることに

約束の場所、約束の時間に現れたけいこちゃん。
僕は彼女を見た時、本当に言葉を無くしました。

二人の間に流れた14年の時間は、けいこちゃんをすごく綺麗にしてくれたんですね。

違った運命の元に今、僕たちが出会っていたら、やっぱり改めて僕は彼女に恋をしたかもしれません。

僕がトキメキを感じていた彼女の面影はやっぱり所々に残ってます。

だからけいこちゃんと会ってからラブホに向かうまでの道すがら、彼女の面影を感じては僕はこの上なく挙動不審になっちゃってたという訳です。

そんな僕の気持ちに彼女は、全く気がついていない様子。
もちろん僕は本名を彼女に言ってませんし。

でも、僕も見た目はあまり小学校の頃から変わってないと思うんですよ。

だからけいこちゃんと会ってから、彼女が僕に気が付いてくれなかった事に僕はこの上ない寂しさを感じたものでした。

正直どこをどう歩いて来たのかよく覚えてません。
気が付くと佐賀駅からちょっとあるライズってホテルの中に。

けいこちゃん、ここに来るまで僕の手をずっと繋いでくれてるんです。

すごく華奢な手。
こんな手をしてたんだ。

華奢な指

もちろん小学校の時にだって手を繋いだことなんてありません。
でも僕が気になったのは、あれから何人の男と手を繋いだんだろうって事。

多分、僕以外の男の人ともこうやって手を繋いでラブホに誘ってたんだろうなと思うとなんだかいたたまれない気持ちになっちゃいました。

部屋に入って、彼女に促されるまま僕は自分の服を脱ぎました。
彼女も自分の服を脱いで行きます。

初めて会う男の前で、こうも躊躇なく服を脱ぐ人になっちゃったんですね。

僕が服を全部脱いで立ってると、けいこちゃんが目の前でひざまついてフェラチオをしてくれました。

確かに気持ち良かったですよ、けいこちゃんのフェラチオ。

でも気持ちいい分、どうしても割り切れない感情がどんどん僕の心の中から溢れて来ます。

普通、こういうシチュエーションで女の子のフェラチオが上手ならどんな男も喜ぶはずですよね。

でも舌使いが上手ければ上手いほど、イクッて事よりも溢れそうな涙を止めるのに僕は必死でした。

なんとも言えない複雑な気持ちで初恋の相手とセックスした

やっぱ、ここで泣いちゃダメです。

多分、泣いたら全てが音を立てて壊れてしまう。
それが僕には分かりました。

なんか全てを、けいこちゃんに気付かれてしまうんじゃないだろうかと。
そしたら僕の初恋は綺麗なままじゃいられなくなります。

まるでそれって自分の人生を否定するような気がして、僕は必死で泣くまいと思いました。

それから僕はなんにもないような顔をして彼女に挿入しました。
正常位、騎乗位、そしてバックと。

彼女が拒まない限りは、僕はありとあらゆる事をしましたね。
そして僕がすることにけいこちゃんは応えてくれます。

あえぎ声だって出すんですよ。

普通に。
本当にごくごく普通の女性としてあえぎ声を出します。

でも、どんなに気持ち良さそうに出すあえぎ声にも、そこに愛情を感じる事はありませんでしたけれども。

身元を隠して初恋の相手と会った後…

けいこちゃんとの時間、それはあっという間の1時間でした。

セックスを終えてラブホを出て、帰り道が同じって事で途中まで僕たちはしばらく一緒に歩いていたんです。

でも帰り道では、けいこちゃんが僕の手を繋いでくれる事はありませんでしたけどね。

「あ、じゃ僕、あっちだから」

そう言って僕とけいこちゃん、お互いに手を振って別れました。

けいこちゃん、あっさりと行ってしまうのかと思ってましたけど、意外にも僕が行こうとするまでずっと立ち止まって手を振ってくれてたんです。

完全に僕がけいこちゃんに背を向けた時、なんか彼女が後ろでこう言った気がしました。

「マサルくん、じゃあね」

確かに背中でそう聞こえた気がします。

それまで堪えていた涙。
帰り道、僕の頬をつたって涙がドバドバ出ました。

あれからハピメでけいこちゃんの事を見かける事はなかったですね。